小百合のいい気分!

このBLOGでは、私の思ったことなどをを投稿しています。

[PR 広告]

  1. -/-/-(-) -:-:-|
  2. [PR 広告]

手首の返し方はどうする?

手首の返し方次第で、ボールの方向が決まります。

返し方がおかしいと、ボール(自分専用のものを持つことで、練習に対するモチベーションも上がるでしょう)を思うようにコントロールできません。

手首(ハンドマッサージって意外と気持ちいいものです。手って割とこっていることが多いものなんですよね)を返す時のポイント(ここを押さえるかどうかで上手くいくかどうかが決まったりしますね)は、以下の通りになります。

・フェースを閉じる
・ルックアップを急がない
・ボールを右に置く

まず、フェースを閉じるというのを意識(失ってしまうと、時に生命の危険があります)してください。

これを意識しないと手首の返しが上手くできないので、注意して下さいね。

それに、ルックアップを急いでしまうとフェースが開いてしまうのですから、注意が必要です。

また、ボールを右に置くことで、手首(ハンドマッサージって意外と気持ちいいものです。手って割とこっていることが多いものなんですよね)が返しやすくなります。

手首の返しが上手くなると、飛距離が以前よりもアップするものです。

その上、安定性も増すので、スコアを大幅に伸ばすことが可能となりました。

そして、手首(ハンドマッサージって意外と気持ちいいものです。手って割とこっていることが多いものなんですよね)が疲れづらくなると言う利点もあります。

手首(転んだ時にとっさに地面につくことが多いですね)の返しはドライバーにおいて非常に重要なことなので、正しい返し方をマスターしましょう。

ただし、手首をあまりにも使いすぎてしまうと手首(ブレスレットや時計などで装飾することも多いものです)を傷める原因になりますし、逆に安定性がなくなる恐れがあります。
  1. 2014/5/24(土) 13:52:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チーピンはどうしたら直るのか?

チーピンとはフックボールの一種で、打ってすぐに左へ曲がってしまうことをいいます。

このチーピンに悩まされている方も多いでしょう?

しかし、ちょっとした工夫をすることでチーピンを直すことができます。

そのコツとは、以下のようなではないでしょうか。

・ボール(ある意味、消耗品ですが、大切に使えね長持ちするでしょう)を左側に置く
・45度右足のつま先を開く
・体の傾きを直す
・手を使いすぎない

まず、ボールをいつもよりも少し左側に置くようにしましょう。

また、45度くらい右足のつま先を開くというのも重要です。

それに、体の傾きでチーピンを起こしていることもあるでしょう。

その場合、右に傾いているはずなので、これを修正することが大切です。

そして、打つ時に手を使いすぎてしまうと、チーピンが起こりやすくなりますので、気をつけるなさってくださいね。

手を使うのは大事なと言うことですねが、使いすぎはチーピンを起こす原因になります。

この4つのことを意識しながらドライバーの練習を行うと、徐々にチーピンが改善していくので、根気強く練習をするといいでしょう。

カラオケで歌が上手くなる方法
  1. 2014/5/24(土) 13:51:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ティーの高さってどのくらいがいい?

ティーの高さはどのくらいが適切なのか、わからないという人もいるなのですよ。

一般的に、ボールの3分の1がフェイスの上部から見える程度がいいといわれています。

このくらいの高さにすることによって、ボール(ある意味、消耗品ですが、大切に使えね長持ちするでしょう)にジャストミートさせることができます。

ただ、これはあくまでも、理論上の適切な高さです。

実際には、その高さが全部の人にとって適切だという訳ではありません。

その人に合わせた高さというのが存在するので、それを見つけた方がいいかもしれませんね。

そのためにも、さまざまな高さで試しに打ってみて、一番感触のいい高さを見つけましょう。

打ってみてもっとも良いと感じた高さが、自分に合った高さなのです。

しかし、自分に合った高さを見つけるには、非常に時間がかかると思ってください。

すぐに見つかる訳ではなく、2年以上も試行錯誤してようやく見つかる人も割とあります。

自分に合った適切なティーの高さをみつけるには時間がかかるといったのを理解した上で、色んな高さを試すようにしましょう。

そうしないと、途中で面倒になって妥協してしまう人も多いです。
  1. 2014/5/23(金) 11:36:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドライバーでスライスするのはなぜ?

ドライバーを打つ時にスライスする原因は、以下の通りです。

・スイング軌道がアウトインサイド
・左手の引きが強い
・体が早めに開いている

まず、スイング軌道がアウトインサイドになっているとスライスします。

これが理由でスライスしている人が多い為、注意してください。

左手の引きが強すぎる場合もスライスしますし、体が早いうちから開くのもスライスする原因になります。

では、具体的にどうすればスライスを防止できるのでしょうか?

その解決方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)として、次の3つが挙げられます。

・打つ方向の確認
・グリップの確認
・アドレスの確認

まずは、打つ方向をしっかりと意識する事が大切です。

出来るからいるようでできていない人が多いので、常に心がけるようにしてください。

それに、グリップは左手側のナックルが多く見えるようにした方がいいです。

また、誤ったアドレスだとスライスしますから、なんども練習(最初はできなくても、次第にできるようになっていくものです)してただしいアドレスを身につけましょう。

これらの3つを守ることによって、スライスを減らす事ができるはずです。
  1. 2014/5/23(金) 11:36:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドライバーの立ち位置はどこがいいの?

ドライバーを打つ時に、立ち位置に悩まされている人もいると思います。

では、具体的にどこがいいのでしょうか?

まず、一般的に、ボールの近くに立った方がいいといわれていますが、これは間違いです。

ボール(製造の過程をテレビなどで紹介することがありますが、意外と原始的で精巧に作られています)の近くに立ってしまうと、アウトサイドに上がりやすくなりますから、構えた時に肩の真下に両手がくるくらいは距離を開けてください。

一番大事なことは、ボールを捉えやすい位置を自分で探すということです。

適切な立ち位置は人によって異なるので、自分がジャストミートしやすい位置を見つけてください。

もし、現在ジャストミート出来ないという場合は、ボール(製造の過程をテレビなどで紹介することがありますが、意外と原始的で精巧に作られています)と体の距離が近すぎる可能性があります。

試しにもう少し離れてみることによって、いまよりも打ちやすくなるのかもしれません。

上手くジャストミートできるようになれば、飛距離UPにも繋がるはずですし、正確性もUPするはずです。

少しずつボール(ある意味、消耗品ですが、大切に使えね長持ちするでしょう)と体の距離を離して打ってみて、ここが最もピッタリくるという立ち位置を見つけるようにしてください。

腱鞘炎の治し方
  1. 2014/5/23(金) 11:35:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
 X 閉じる